データで見るtoto予想~ぼっちんの予想~

Jリーグを分析して、totoを予想する。たまに良い選手がいたら紹介させて。

他のtoto予想ブログ

にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ

第1079回toto予想&分析プレビュー

 

     
浦和レッズ VS FC東京     2
ベガルタ仙台 VS セレッソ大阪     2
名古屋グランパス VS 北海道コンサドーレ札幌 1    
ジュビロ磐田 VS 鹿島アントラーズ     2
ガンバ大阪 VS ヴィッセル神戸   0  
大分トリニータ VS サンフレッチェ広島     2
松本山雅FC VS 川崎フロンターレ     2
清水エスパルス VS 湘南ベルマーレ     2
東京ヴェルディ VS 柏レイソル     2
ツエーゲン金沢 VS 横浜FC     2
V・ファーレン長崎 VS 大宮アルディージャ     2
ファジアーノ岡山 VS ヴァンフォーレ甲府     2
FC琉球 VS レノファ山口FC 1    

 

浦和レッズ VS FC東京

 f:id:bochin:20190324185523p:plain

調子を上げてきた浦和レッズといつになく調子が良いFC東京との戦い。試合内容を見るとFC東京に分があるだろう。

ベガルタ仙台 VS セレッソ大阪

 f:id:bochin:20190324185518p:plain

 両チーム低迷している。ただ、スター選手の多いセレッソ大阪はここでは勝ちたいところ。

名古屋グランパス VS 北海道コンサドーレ札幌

 f:id:bochin:20190324185511p:plain

 両チーム調子の良い、攻撃的なチームの戦いだ。この試合は楽しい試合になるだろう。鈴木武蔵がどの程度代表戦の疲れをとって試合に望めるかも重要な鍵となるだろう。

ジュビロ磐田 VS 鹿島アントラーズ

 f:id:bochin:20190324185506p:plain

 昔でいうナショナルダービー。ジュビロ磐田は今シーズン全く形がない。一方、鹿島アントラーズは調子を上げてきている。順当に行けば鹿島アントラーズ優勢。

ガンバ大阪 VS ヴィッセル神戸

 f:id:bochin:20190324185502p:plain

 スター軍団のヴィッセル神戸と地に足ついた選手が多いガンバ大阪との試合。今真野で試合内容を見ればヴィッセル神戸に分があるだろう。

大分トリニータ VS サンフレッチェ広島

 f:id:bochin:20190324185610p:plain

 調子の良い大分トリニータと調子を戻してきたサンフレッチェ広島との試合。大分トリニータに対して、油断するチームはもういないだろうから、サンフレッチェ広島の方が優勢か。

松本山雅FC VS 川崎フロンターレ

 f:id:bochin:20190324185601p:plain

 川崎フロンターレだろう。ここで初白星を上げたい。

清水エスパルス VS 湘南ベルマーレ

 f:id:bochin:20190324185548p:plain

 ハードワークといった面でも湘南ベルマーレが優勢だろう。

東京ヴェルディ VS 柏レイソル

f:id:bochin:20190324185557p:plain 

 今シーズンのヴェルディは攻め手がない。一方、前節負けてしまったが、順当にかっている柏レイソル。間違いなく、柏レイソルが優勢

ツエーゲン金沢 VS 横浜FC

 f:id:bochin:20190324185537p:plain

 横浜FCは松浦の活躍で勝ち星を上げてきている。おそらく、横浜FC優勢

V・ファーレン長崎 VS 大宮アルディージャ

 f:id:bochin:20190324185553p:plain

 久々の白星の長崎、勝てそうで勝てない大宮アルティージャ。高木監督ダービーだ。

ダービーだからどちらも絶対に勝ちたいだろう。

ファジアーノ岡山 VS ヴァンフォーレ甲府

 f:id:bochin:20190324185543p:plain

調子の良い両チーム。試合内容も両チーム悪くない。ただ、メンツを見るとヴァンフォーレ甲府かな。

FC琉球 VS レノファ山口FC

f:id:bochin:20190324185618p:plain

全員サッカーのFC琉球、一方、パスサッカーをしたいレノファ山口。レノファ山口は試合内容は悪くないので勝ちきりたいところ。FC琉球の勢いを止められるか。

 

第1078回toto予想&分析プレビュー

 

     
大宮アルディージャ VS 水戸ホーリーホック 1    
横浜FC VS FC岐阜 1    
ヴァンフォーレ甲府 VS ツエーゲン金沢 1    
柏レイソル VS ファジアーノ岡山 1    
愛媛FC VS V・ファーレン長崎   0  
アルビレックス新潟 VS アビスパ福岡 1    
鹿児島ユナイテッドFC VS FC町田ゼルビア     2
モンテディオ山形 VS FC琉球     2
レノファ山口FC VS 栃木SC 1    
徳島ヴォルティス VS 東京ヴェルディ     2
ジェフユナイテッド千葉 VS 京都サンガF.C.     2
ヴァンラーレ八戸 VS Y.S.C.C.横浜     2
いわてグルージャ盛岡 VS ブラウブリッツ秋田     2

 

大宮アルディージャ VS 水戸ホーリーホック

f:id:bochin:20190317213622p:plain
横浜FC VS FC岐阜

f:id:bochin:20190317213640p:plain
ヴァンフォーレ甲府 VS ツエーゲン金沢

f:id:bochin:20190317213704p:plain

柏レイソル VS ファジアーノ岡山

f:id:bochin:20190317213722p:plain
愛媛FC VS V・ファーレン長崎

f:id:bochin:20190317213732p:plain
アルビレックス新潟 VS アビスパ福岡

f:id:bochin:20190317213744p:plain
鹿児島ユナイテッドFC VS FC町田ゼルビア

f:id:bochin:20190317213816p:plain
モンテディオ山形 VS FC琉球

f:id:bochin:20190317213937p:plain
レノファ山口FC VS 栃木SC

f:id:bochin:20190317213403p:plain
徳島ヴォルティス VS 東京ヴェルディ

f:id:bochin:20190317214635p:plain
ジェフユナイテッド千葉 VS 京都サンガF.C.

f:id:bochin:20190317214659p:plain
ヴァンラーレ八戸 VS Y.S.C.C.横浜

f:id:bochin:20190317214606p:plain
いわてグルージャ盛岡 VS ブラウブリッツ秋田

f:id:bochin:20190317214622p:plain

 

第1077回toto予想&分析プレビュー

 

     
横浜FC VS アルビレックス新潟     2
FC東京 VS 名古屋グランパス     2
北海道コンサドーレ札幌 VS 鹿島アントラーズ 1    
ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルス 1    
サンフレッチェ広島 VS 松本山雅FC 1    
サガン鳥栖 VS ジュビロ磐田 1     
川崎フロンターレ VS ガンバ大阪   0  
セレッソ大阪 VS 浦和レッズ     2
大分トリニータ VS 横浜 F・マリノス     2
湘南ベルマーレ VS ベガルタ仙台 1    
東京ヴェルディ VS 栃木SC 1    
モンテディオ山形 VS 大宮アルディージャ     2
ヴァンフォーレ甲府 VS V・ファーレン長崎   0  

 

横浜FC VS アルビレックス新潟

f:id:bochin:20190310200049p:plain

 横浜FCはスタートダッシュは失敗したものの栃木に今シーズン初勝利を収めた。一方、アルビレックス新潟は柏に勝ってJ1昇格に勢いづけたかったが負けてしまった。対照的なチーム同士の戦いになるが、上位争いするチームだと思うのでここでの勝利は跡への弾みになるはずだ。

 

FC東京 VS 名古屋グランパス

f:id:bochin:20190310200105p:plain

 今シーズン調子の良いチーム同士の戦いだ。私の個人的な優勝候補は名古屋グランパス。

 

北海道コンサドーレ札幌 VS 鹿島アントラーズ

f:id:bochin:20190310200117p:plain

 コンサドーレ札幌は初戦は走り負けて敗戦したものの、浦和レッズ、清水エスパルスに鈴木武蔵の爆発により大勝した。一方、鹿島アントラーズはなんとか湘南に勝利といったところだ。今の調子で見るとコンサドーレ札幌に分があるのでは。

 

ヴィッセル神戸 VS 清水エスパルス

f:id:bochin:20190310200129p:plain

 調子を上げてきたヴィッセル神戸、一方調子の上がらない清水エスパルスの試合。ヴィッセル神戸が勝つだろう。

 

サンフレッチェ広島 VS 松本山雅FC

f:id:bochin:20190310200141p:plain

 正直戦力はサンフレッチェ広島だ。松本山雅は0-0の時間を増やして、少ないであろうが、チャンスがあれば得点を狙うといった展開だろう。サンフレッチェ広島が勝つであろう。

 

サガン鳥栖 VS ジュビロ磐田

f:id:bochin:20190310200155p:plain

 3連敗中のサガン鳥栖だが、名古屋、神戸、東京と優勝候補のチームなのでしょうがない。一方、ジュビロ磐田は、勝たなければいけなかった松本、大分との試合で1分1敗。正直もう勝てるチームはいないのでは。。。


川崎フロンターレ VS ガンバ大阪

f:id:bochin:20190310200203p:plain

 正直この試合はわからない。どちらも個人的に好きなチーム。ACLがなければ川崎フロンターレであろうが、、、。


セレッソ大阪 VS 浦和レッズ

f:id:bochin:20190310200215p:plain

 どちらもスター選手が揃っているのにパッとしない。ここでの勝利は今後のはずみになるのでは。


大分トリニータ VS 横浜 F・マリノス

f:id:bochin:20190310200224p:plain

 大分トリニータはJ1チーム相手に奮闘しているが、マリノスは強い。マリノスが勝つだろう。


湘南ベルマーレ VS ベガルタ仙台

f:id:bochin:20190310200233p:plain

 FC東京、鹿島と負けてしまった湘南ベルマーレだが、しっかりとハードワークする良いチーム。湘南ベルマーレが勝つだろう。


東京ヴェルディ VS 栃木SC

f:id:bochin:20190310200244p:plain

 やっと勝利を収めた東京ヴェルディ。ここから調子を上げていきたい。


モンテディオ山形 VS 大宮アルディージャ

f:id:bochin:20190310200254p:plain

 調子の良い山形、調子が上がってきた大宮との戦い。大宮は早く連勝したいところだ。
ヴァンフォーレ甲府 VS V・ファーレン長崎

f:id:bochin:20190310200303p:plain

 J1レベルどうしの戦い。長崎がなぜこんなに苦戦しているのかわからない。

 

第1075回toto予想&分析プレビュー

 

     
北海道コンサドーレ札幌 VS 清水エスパルス 1    
ジュビロ磐田 VS 大分トリニータ 1    
ガンバ大阪 VS 名古屋グランパス     2
鹿島アントラーズ VS 湘南ベルマーレ   0  
セレッソ大阪 VS サンフレッチェ広島 1    
松本山雅FC VS 浦和レッズ     2
ベガルタ仙台 VS ヴィッセル神戸     2
FC東京 VS サガン鳥栖 1    
横浜 F・マリノス VS 川崎フロンターレ     2
栃木SC VS 横浜FC     2
徳島ヴォルティス VS 大宮アルディージャ 1    
東京ヴェルディ VS ツエーゲン金沢   0  
アルビレックス新潟 VS 柏レイソル     2

 

北海道コンサドーレ札幌 VS 清水エスパルス

f:id:bochin:20190303193319p:plain

 札幌は初戦苦戦するも、鈴木武蔵の爆発と補強の海外選手ルーカス、アンデルソンロペスが爆発して、勝利を収めた。一方、清水エスパルスは今だ苦戦を強いられている。早く勝利を収めて軌道に乗りたいところだ。


ジュビロ磐田 VS 大分トリニータ

f:id:bochin:20190303193327p:plain

 ジュビロ磐田は今だ勝利なしだが、初戦は内容のないゲームであったが、サンフレッチェ広島戦はジュビロらしい試合ができたと思う。大分トリニータは鹿島アントラーズに勝って連勝と行きたかったが、一番負けたくない相手であろう松本山雅に負けてしまった。

 

ガンバ大阪 VS 名古屋グランパス

f:id:bochin:20190303193335p:plain

 昨年、残留争いをしていた2チーム。終盤にかけて連勝し、今シーズンその勢いそのままで戦いたい。ここは重要な一戦になるのかも。

 

鹿島アントラーズ VS 湘南ベルマーレ

f:id:bochin:20190303193343p:plain

 調子が上がらない鹿島アントラーズ。FC東京に敗戦したものの、自分たちのサッカーができている湘南ベルマーレ。湘南ベルマーレがアントラーズに勝つなら今節だろう。


セレッソ大阪 VS サンフレッチェ広島

f:id:bochin:20190303193351p:plain

 昨シーズン、終盤で失速した両チーム。セレッソは都倉を獲得し、前線での動きが昨シーズンよりよくなった。一方、サンフレッチェ広島はパトリックが得点できなくなって、攻撃の形が見えなくなっている。今のサンフレッチェが勝つのは厳しいだろう。

 

松本山雅FC VS 浦和レッズ

f:id:bochin:20190303193359p:plain

 今シーズン、浦和レッズは調子が悪いが流石に負けはしないだろう。


ベガルタ仙台 VS ヴィッセル神戸

f:id:bochin:20190303193410p:plain

 流石にヴィッセル神戸が勝つだろう。


FC東京 VS サガン鳥栖

f:id:bochin:20190303193419p:plain

 今シーズン優一勝ち点がないのがサガン鳥栖。フェルナンドトーレス、金崎と強力なFWがいる中で得点を奪えない。やはり、ピークは過ぎたんだろう。


横浜 F・マリノス VS 川崎フロンターレ

f:id:bochin:20190303193238p:plain

 神奈川ダービー。調子の良い、横浜Fマリノス。調子がイマイチあがらない川崎フロンターレの試合。今節一番面白そうな試合。
栃木SC VS 横浜FC

f:id:bochin:20190303193248p:plain

 横浜FCは昇格候補の長崎、山形との試合なので連敗はしょうがないが、この試合は勝たないと。最低でも勝ち点1。


徳島ヴォルティス VS 大宮アルディージャ

f:id:bochin:20190303193255p:plain

 大宮アルティージャは、選手の能力は高いかもしれないが、それだけ。高木監督になってもっとハードワークするかと思ったが。。。


東京ヴェルディ VS ツエーゲン金沢

f:id:bochin:20190303193303p:plain

 東京ヴェルディは悩んでいる。得点も取れないのもそうだが、一番不安を感じさせるのが、プレッシャーのかけ方である。ファーストディフェンダーが誰で、連動して守備をすると言ったことが出来ていない。


アルビレックス新潟 VS 柏レイソル

f:id:bochin:20190303193310p:plain

 今シーズン優勝候補の2チームの戦い。この試合が優勝チームを決めるといっていいかもしれない。とはいえ、柏レイソルの方が優勢だ。

 

第1073回toto予想&分析プレビュー

 

     
横浜 F・マリノス VS ベガルタ仙台 1    
名古屋グランパス VS セレッソ大阪 1    
ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖   0  
浦和レッズ VS 北海道コンサドーレ札幌 1    
湘南ベルマーレ VS FC東京   0  
清水エスパルス VS ガンバ大阪     2
大分トリニータ VS 松本山雅FC   0  
柏レイソル VS FC町田ゼルビア 1    
アビスパ福岡 VS V・ファーレン長崎     2
大宮アルディージャ VS FC琉球 1    
京都サンガF.C. VS 鹿児島ユナイテッドFC   0  
水戸ホーリーホック VS 栃木SC 1    
横浜FC VS モンテディオ山形 1    

 

横浜 F・マリノス VS ベガルタ仙台

f:id:bochin:20190224190130p:plain

 横浜Fマルノスは昨シーズンの終盤調子の良かったガンバ大阪を下し、勝利を収めた。強い印象が残った。ベガルタ仙台は、前節ボールを支配されるもカウンター等で攻撃にも転じていた。ただ、マリノスの方が実力的に上だろう。


名古屋グランパス VS セレッソ大阪

f:id:bochin:20190224190157p:plain

 名古屋グランパスは強い。今年の優勝候補は名古屋グランパス。


ヴィッセル神戸 VS サガン鳥栖

f:id:bochin:20190224190213p:plain

 両チームスター選手がいるチーム同士の戦い。ただ、まだフィットしきれていない感があるチーム。ヴィッセル神戸は試合の運びは良いものの、得点が出来る形が出来ていない。今のところ五分と五分だろう。


浦和レッズ VS 北海道コンサドーレ札幌

f:id:bochin:20190224190223p:plain

 メンバ的には浦和レッズだろう。ジェイ、チャナティップ、ルーカスが得点ができるかが勝敗の鍵となるだろう。


湘南ベルマーレ VS FC東京

f:id:bochin:20190224190233p:plain

 湘南ベルマーレは良いサッカーする。まだ、FC東京の試合は見れていないので、コメントはしません。。。ごめんなさい。


清水エスパルス VS ガンバ大阪

f:id:bochin:20190224190241p:plain

 エスパルスはショートカウンタのスピードは昨年に引き続きといったところ。ガンバ大阪も昨年と同様のサッカーをしている。ガンバ大阪の方が優勢と思われる。


大分トリニータ VS 松本山雅FC

f:id:bochin:20190224190252p:plain

 両チーム昨シーズンまでJ2で戦っていた2チーム。J1の初戦に大分トリニータはアントラーズに大金星。松本山雅はジュビロ磐田を圧倒していた。五分五分じゃないか。。。


柏レイソル VS FC町田ゼルビア

f:id:bochin:20190224190300p:plain

 柏レイソルは苦しくも山口に勝利。町田は昨シーズンと同様のプレッシングサッカーを繰り広げ東京ヴェルディに勝利をした。良い勝負となるだろうが、柏レイソルの方がメンバみると勝つのでは。


アビスパ福岡 VS V・ファーレン長崎

f:id:bochin:20190224190308p:plain

 アビスパ福岡は、前節攻めるも得点力不足で負けた。一方長崎は硬く勝利を収めた。長崎の方が分があるとみた。


大宮アルディージャ VS FC琉球

f:id:bochin:20190224190318p:plain

 大宮アルティージャは、優勝候補と思っていたが、ヴァンフォーレ甲府相手に苦戦していた。一方琉球は、J2上位チームのアビスパ福岡に対して自分たちのサッカーが通じること証明した。今回の対決は、ファンマ、大前率いる大宮アルティージャに分があるとみた。


京都サンガF.C. VS 鹿児島ユナイテッドFC

f:id:bochin:20190224190325p:plain

 鹿児島は、J3から上がってきて、徳島ヴォルティスと得点の取り合いを制し、J2初勝利を収めた。京都パープルサンガはアルビレックス新潟に対して引き分けた。今回は京都パープルサンガじゃないか。


水戸ホーリーホック VS 栃木SC

f:id:bochin:20190224190332p:plain

 試合を見れていないのでコメントできません。。。ごめんなさい。
横浜FC VS モンテディオ山形

f:id:bochin:20190224190357p:plain

試合を見れていないのでコメントできません。。。ごめんなさい。

 

 

第1071回toto予想&分析プレビュー

 

     
川崎フロンターレ VS FC東京 1    
サンフレッチェ広島 VS 清水エスパルス   0  
ベガルタ仙台 VS 浦和レッズ     2
ガンバ大阪 VS 横浜 F・マリノス   0  
鹿島アントラーズ VS 大分トリニータ 1    
湘南ベルマーレ VS 北海道コンサドーレ札幌 1    
サガン鳥栖 VS 名古屋グランパス     2
ジュビロ磐田 VS 松本山雅FC 1    
FC町田ゼルビア VS 東京ヴェルディ     2
V・ファーレン長崎 VS 横浜FC 1    
大宮アルディージャ VS ヴァンフォーレ甲府   0  
栃木SC VS ツエーゲン金沢     2
京都サンガF.C. VS アルビレックス新潟     2

 

川崎フロンターレ VS FC東京

f:id:bochin:20190216111103p:plain

 開幕戦から多摩川ダービー。過去の対戦戦績を見てみると五分と五分。フロンターレの方が強者だと思うが、FC東京も奮闘しているといった感じだ。今回もFC東京が如何に粘れるかだろう。

サンフレッチェ広島 VS 清水エスパルス

f:id:bochin:20190216110549p:plain

 過去の対戦戦績を見ると、サンフレッチェ広島が負け越している。が、ここ最近はサンフレッチェ広島の方が勝率が良い。昨年の終盤失速したサンフレッチェの巻き返し、それとも終盤加速した清水エスパルスがそのままの勢いで開幕戦を迎えられるかが勝負の鍵となるだろう。

ベガルタ仙台 VS 浦和レッズ

f:id:bochin:20190216110557p:plain

 なかなか浦和レッズに勝てないベガルタ仙台。特にベガルタ仙台が補強をしたといった印象はない。今回も浦和レッズに分があるのではと思う。
ガンバ大阪 VS 横浜 F・マリノス

f:id:bochin:20190216110606p:plain

 昨年苦しんだビッグクラブ同士の戦いだ。ガンバは昨年とほぼ同じメンバが支柱となって試合をすすめるだろう。一方、三好を獲得した横浜マリノス、今年は昨年よりさらに攻撃的になるのでは。
鹿島アントラーズ VS 大分トリニータ

f:id:bochin:20190216110613p:plain

 今年、J1に上がってき大分トリニータだが、常勝チームの鹿島アントラーズを相手にするのは厳しいだろう。
湘南ベルマーレ VS 北海道コンサドーレ札幌

f:id:bochin:20190216110620p:plain

 湘南は走ってボールと人が動くサッカー、札幌はボールを回して外国人枠で攻めていくスタイル。湘南の運動量が圧倒するのではないかと思う。
サガン鳥栖 VS 名古屋グランパス

f:id:bochin:20190216110629p:plain

 フェルナンドトーレスを率いるサガン鳥栖だが、昨シーズンはパッとしなかった。逆に名古屋グランパスは、チームとしてまとまってきていて補強メンバがフィットしてきた。
ジュビロ磐田 VS 松本山雅FC

f:id:bochin:20190216110635p:plain

 今シーズンJ1に上がってきた松本山雅FCだが、補強もそこまでしていない印象だ。J1チーム相手に厳しい戦いになるだろう。
FC町田ゼルビア VS 東京ヴェルディ

f:id:bochin:20190216110643p:plain

 昨年調子の良かった両チーム。町田ゼルビアはJ1に上がる資格がなく残念な結果となってしまった。今シーズン巻き返したい両チームだろう。
V・ファーレン長崎 VS 横浜FC

f:id:bochin:20190216110650p:plain

J2に降格したV・ファーレン長崎だが、J2に降格しながらも戦力を落とさないように補強もした印象。
大宮アルディージャ VS ヴァンフォーレ甲府

f:id:bochin:20190216110658p:plain

 両チーム、昨年とほぼ戦力は変わらない。

栃木SC VS ツエーゲン金沢

f:id:bochin:20190216110708p:plain

 過去の対戦戦績から見ると栃木SCはツェーゲン金沢に勝っていない。今回はがんばりたいところ

京都サンガF.C. VS アルビレックス新潟

f:id:bochin:20190216110541p:plain

 アルビレックス新潟は、今シーズンこそはJ1に上がりたいところであろう。京都パープルサンガも岩崎が抜けたもののほか選手はそこまで変わっていない。良い勝負だろう。

 

2019年Jリーグ チーム別 推定年俸 ランキング

 

チームの選手合計推定年俸

1位 ヴィッセル神戸(47億3560万円)

           →アンドレス イニエスタ(30億円)

   →ポドルスキー(6億円)

   →ダビド ビジャ(1億5000万円)

2位 サガン鳥栖(15億7580万円)

   →フェルナンドトーレス(8億円)

   →金崎夢生、ビクトル イバルボ(1億円)

3位 浦和レッズ(14億4280万円)

   →西川周作、柏木陽介、興梠慎三(1億円)

4位 名古屋グランパス(12億2100万円)

   →ジョー(3億5000万円)

   →ランゲラック(2億円)

   →ガブリエル シャビエル(1億2000万円)

5位 鹿島アントラーズ(11億6620万円)

   →クォン スンテ、内田篤人(1億5000万円)

   →レオシルバ(1億円)

6位 セレッソ大阪(11億6320万円)

   →清武弘嗣、ソウザ、キム ジンヒョン(1億円)

7位 ガンバ大阪(11億0900万円)

   →遠藤保仁(1億5000万円)

   →今野泰幸、金英權(1億円)

8位 川崎フロンターレ(10億9920万円)

   →中村憲剛(1億1000万円)

   →レアンドロ ダミアン、家長昭博(1億円)

9位 FC東京(10億5440万円)

   →森重真人(1億3000万円)

   →チャン ヒョンス(1億円)

   →太田宏介(9000万円)

10位 ジュビロ磐田(8億7460万円)

   →中村俊輔(8000万円)

   →大久保嘉人(6000万円)

          →田口泰士、山田大紀、川又賢碁(6000万円)

11位 サンフレッチェ広島(8億1370円)

   →パトリック(8000万円)

   →青山敏弘(7300万円)

   →廣永遼太郎(6500万円)

12位 清水エスパルス(7億6350万円)

   →ドウグラス(1億円)

   →エウシーニョ(8000万円)

   →鄭大世(7500万円)

13位 横浜Fマリノス(6億6880万円)

   →エジガル ジュニオ(8000万円)

   →マルコス ジュニオール(7000万円)

   →ドゥシャン(6000万円)

14位 松本山雅(5億7300万円)

   →レアンドロ ペレイラ(1億円)

   →エドゥアルド(4500万円)

   →セルジーニョ(3500万円)

15位 コンサドーレ札幌(4億8820万円)

   →菅野孝憲(5000万円)

   →福森晃斗、アンデルソンロペス、ク ソンユン(4000万円)

16位 ベガルタ仙台(4億8360万円)

   →シマオ マテ(5000万円)

   →ハモン ロペス、石原直樹(4000万円)

17位 湘南ベルマーレ(3億8900万円)

   →フレイレ(5000万円)

   →梅崎司、デュマス、武富孝介(3000万円)

18位 大分トリニータ(2億6240万円)

   →三平和司(1400万円)

   →三竿雄斗、松本怜、高山薫(1300万円)

 

チーム別推定平均年俸

1位 ヴィッセル神戸(1億6329万円:登録選手数29人)

2位 サガン鳥栖(5252万円:登録選手数30人)

3位 浦和レッズ(4654万円:登録選手数31人)

4位 名古屋グランパス(3815万円:登録選手数32人)

5位 川崎フロンターレ(3664万円:登録選手数30人)

6位 鹿島アントラーズ(3533万円:登録選手数33人)

7位 FC東京(3401万円:登録選手数31人)

8位 セレッソ大阪(3143万円:登録選手数37人)

9位 ガンバ大阪(2997万円:登録選手数37人)

10位 ジュビロ磐田(2572万円:登録選手数34人)

11位 清水エスパルス(2545万円:登録選手数30人)

12位 サンフレッチェ広島(2542万円:登録選手数32人)

13位 横浜Fマリノス(2090万円:登録選手数32人)

14位 ベガルタ仙台(1791万円:登録選手数27人)

15位 コンサドーレ札幌(1743万円:登録選手数28人) 

16位 松本山雅(1637万円:登録選手数35人)

17位 湘南ベルマーレ(1215万円:登録選手数32人)

18位 大分トリニータ(820万円:登録選手数32人)

 

 

※2018シーズン推定年俸ランキング

1位 ヴィッセル神戸(17億2560万円)
2位 鹿島アントラーズ(12億7560万円)
3位 セレッソ大阪(11億7080万円)
4位 浦和レッズ(11億6360万円)
5位 川崎フロンターレ(11億0200万円)
6位 FC東京(9億9480万円)
7位 ガンバ大阪(9億7400万円)
8位 名古屋グランパス(9億7100万円)
9位 横浜Fマリノス(8億460万円)
10位 清水エスパルス(7億6980万円)
11位 ジュビロ磐田(7億5480円)
12位 サンフレッチェ広島(7億990万円)
13位 柏レイソル(6億8730万円)
14位 コンサドーレ札幌(6億4480万円)
15位 サガン鳥栖(5億9980万円)
16位 ベルマーレ平塚(3億8780万円)
17位 ベガルタ仙台(3億2120万円)
18位 V・ファーレン長崎(2億9720万円)

 

 2018シーズンを振り返ると上位〜下位チームまで混戦で終わったという印象だ。今回のブログは、推定年俸を記載したブログだが、ここで気になるのは2018シーズン推定年俸とどのくらい順位に差分があったのかだ。んまぁ、大局的に見ると推定年俸が高いチームが上位にいて、低いチームが下位に終わったのかなといったところだ。だが、個別に見てみると、ヴィッセル神戸が10位(年俸1位)、名古屋グランパス15位(推定年報8位)コンサドーレ札幌が4位(年俸14位)、サンフレッチェ広島2位(年俸12位)と個別に見ると推定年俸と順位が異なっているところがあった。推定年俸が高いチームは世界的に有名な選手、ポドルスキ、ジョー等がいてチームの年俸がグーンとあがった。一概には言えないが、推定年俸ランクより順位が低いチームはこの外国人がフィットしきれなかったといえよう。

 今シーズンはなんと言ってもヴィッセル神戸。イニエスタが一人ブチ抜いて年俸が高い。が、それだけでなく、ビジャ、ポドルスキ、山口蛍など、スター選手も揃っている。彼らが、どれだけ本気で、がむしゃらでやるかで優勝出来るだろう。

 また、2019シーズンは外国人枠が増えて、各チーム外国人選手の補強を実施した。この年俸にも各チームの外国籍人選手の期待が込められているチーム、日本人中心としたチームがわかる。 ジュビロ磐田、ガンバ大阪、大分トリニータ以外のチームはチーム内の年俸ランク3位以内に外国籍選手がいる。この外国人枠が今シーズンのキーとなることは間違いない。