ぼっちんのJリーグ&海外サッカー分析

Jリーグを分析して、totoを予想する。たまに良い選手がいたら紹介させて。

他のtoto予想ブログ

にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ 

Jリーグ開幕戦と移籍情報の分析&プレビュー

 

     
サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸   0  
FC東京 vs 浦和レッズ     2
湘南ベルマーレ vs V・ファーレン長崎 1    
ガンバ大阪 vs 名古屋グランパス   0  
サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌     2
ベガルタ仙台 vs 柏レイソル     2
清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ     2
ジュビロ磐田 vs 川崎フロンターレ     2
セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス 1    

 

サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸

f:id:bochin:20180112233144p:plain

 サガン鳥栖は今までチームを引っ張ってきた豊田陽平が移籍するが、ここまでの移籍市場は特に可もなく不可もなくといったところだろう。まだ、移籍がありそう。。。

 ヴィッセル神戸はレギュラークラスの放出は大森太郎、岩波拓也である。ただ、重慶力帆FC(中国)からMFチョン ウヨン、浦和レッズから那須大亮、ベガルタ仙台から三田啓貴、アビスパ福岡からウェリントンが加入(期限付き含む)と層が厚くなった印象だ。


FC東京 vs 浦和レッズ

f:id:bochin:20180112233154p:plain

 FC東京は昨年填らなかった大久保嘉人を放出する。逆にヴィッセル神戸から大森太郎、柏レイソルからディエゴオリヴェイラが加入(期限付き含む)する。今年は昨年に引き続き、如何に良い選手たちを連携させるかが課題となるが、経験豊富で厳しい長谷川健太監督のもとなので期待ができる。

 浦和レッズは、今年は結構な血の入れ替えをした。レギュラークラスでの放出は駒井善成、高木俊幸、那須大亮、梅崎司である。逆に加入は横浜Fマリノスからマルティノス、柏レイソルから武富孝介、ベルマーレ平塚から山田直輝が加入(レンタル復帰等含む)する。主軸を残しつつ、面白い補強と思える。浦和レッズも今年期待したい。個人的にも山田直輝には頑張ってもらいたい。


湘南ベルマーレ vs V・ファーレン長崎

f:id:bochin:20180112233209p:plain

 湘南ベルマーレは、レギュラークラスの移籍は山田直輝がレンタルバック、ムルジャが契約満了する。逆に、浦和レッズから梅崎司、パルチザン・ベオグラード(セルビア)からアレン ステバノヴィッチ(FW、能力はわからない。。。)が加入する。戦力は特に変わってない印象だが、チョウ貴裁監督は7年目と熟成されているチームとなる。

 V・ファーレン長崎は有名選手の移籍としては、アビスパ福岡から中村北斗、アルビレックス新潟から鈴木武蔵といった選手が加入している。今年の目標は残留だろう。


ガンバ大阪 vs 名古屋グランパス

f:id:bochin:20180112233221p:plain

 ガンバ大阪は、井手口が移籍する。その穴を埋めるために浦和レッズから矢島慎也が加入する。ただ、昨年からチームが補強された印象はない。さらに遠藤保仁も昨年はパフォーマンスを落としていた。期待できるのは若い初瀬、矢島がどのくらい成長し、チームを引っ張れるかだと思う。また、アデミウソンが多くの試合に出られれば昨年よりはチーム順位を上げれるのではないかと思う。

 名古屋グランパスは昨年主力であった田口泰士、シモビッチを放出する。逆に元ブラジル代表のジョーが加入する。このジョーがどこまでやれるのかが名古屋グランパスの今年の順位に響いてくるであろう。


サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌

f:id:bochin:20180112233341p:plain

 サンフレッチェ広島は、レギュラークラスの放出は茶島、ミキッチである。逆にジュビロ磐田から川辺駿、ムアントン・ユナイテッドFCからティーラシンを獲得し、戦力アップをしている。昨年、丹羽とパトリックが移籍してきてからサッカーの内容と結果が調子良かったので、今年は期待ができる。

 コンサドーレ札幌は特に主軸の放出はない。逆に、浦和レッズから駒井、サンフレッチェ広島から宮吉、川崎フロンターレから三好とかなり良い補強ができたのではないかと思う。昨年の後半のような戦いができれば上位も狙えるチームであろう。


ベガルタ仙台 vs 柏レイソル

f:id:bochin:20180112233354p:plain

 ベガルタ仙台は、三田啓貴、クリスランを放出する。わからないが、今回の加入情報ではジャーメイン良が若手で期待できるのではないかと思う。戦力は昨年より劣ってしまったような印象である。

 柏レイソルは、レギュラークラスでディエゴオリベイラと竹富を放出したが、大宮アルティージャから江坂任、瀬川祐輔、アビスパ福岡から亀川諒史、アルビレックス新潟から山崎亮平、横浜Fマリノスからパクジョンスを獲得し、戦力アップした印象だ。ACLと並行して戦わなければならないので厳しいが良いチームだと思う。


清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ

f:id:bochin:20180112233411p:plain

 清水エスパルスは、主軸の放出は特にない。逆に、鹿島アントラーズからファンソッコ、犬飼智也、ベガルタ仙台からクリスラン(まだ濃厚)を獲得し、着実な戦力アップを図っている。

 鹿島アントラーズは、主軸の放出は特にない。加入においても内田篤人の復帰ぐらいで、戦力維持といったところであろう。


ジュビロ磐田 vs 川崎フロンターレ

f:id:bochin:20180112233426p:plain

 ジュビロ磐田は、主軸の放出は川辺駿がレンタルバックする。逆に、名古屋グランパスから田口泰士、パイサンドゥからギレルメ、筑波大学から中野誠也が加入する。田口泰士が填れば戦力アップと言えるだろう。

 川崎フロンターレは、レギュラークラスの放出は三好のレンタル移籍である。逆に、横浜Fマリノスから斎藤学、FC東京から大久保嘉人のビッグネームを獲得し、ガンバ大阪から赤崎秀平、ベガルタ仙台から中野嘉大を獲得し、確実な戦力アップをした。

開幕戦には斎藤学は間に合わないだろうが、良い勝負となるだろう。


セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス

f:id:bochin:20180112233437p:plain

  セレッソ大阪は、主軸の放出情報はとくにない。浦和レッズから高木俊幸、バンコク・グラスFCからチャウワット ヴィラチャードを獲得し、戦力維持といったところであろう。

 横浜Fマリノスは、主軸の移籍情報は斎藤学、マルティノス、パクジョンスが移籍する。逆に、柏レイソルから大津佑樹が加入する。確実な戦力ダウンとなっている。昨年は中村俊輔が移籍する中で、バブンスキー、ウーゴヴィエイラを獲得し、堅守速攻でリーグ戦は上位、天皇杯は決勝まで進出している。今年も厳しくなるが、中澤中心に守り抜けるかがポイントとなるだろう。

 

海外サッカーの分析もやってます。
http://footballpremierleagueanalysis.blogspot.jp