ぼっちんのJリーグ&海外サッカー分析

Jリーグを分析して、totoを予想する。たまに良い選手がいたら紹介させて。

他のtoto予想ブログ

にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ 

ルヴァン杯決勝-データ分析&プレビュー

【 ルヴァンカップ決勝】

川崎フロンターレ VS セレッソ大阪

 

【データ】

Jリーグにおける、過去の対戦戦績/得失点/スタジアムでの勝敗/2017勝敗

 

f:id:bochin:20171103104543p:plain

※上のデータはJリーグデータ

 

【プレビュー】

ルヴァンカップ決勝は個人的にはセレッソ大阪が勝つのではないかと予想する。

今回のルヴァンカップ決勝は初の顔合わせである。川崎フロンターレは過去に2度決勝に進んでいるが、得点なしで敗退をしている。一方、セレッソ大阪は初の決勝進出である。

川崎フロンターレはセレッソ大阪に対してホームで強く、関東圏(埼玉スタジアム2002)の試合なのでサポータは川崎フロンターレの方が多いため、ホームのように戦える。埼玉スタジアム2002での相性も良い(埼玉スタジアム2002戦はほぼ浦和レッズとの対戦)。おそらくボールが走る芝にしているからであろう。川崎フロンターレは、大嶋遼太、阿部浩之が怪我をしても最近の試合は負けがなく、勝負強いところを見せている。また、大嶋遼太、阿部浩之が完治し、合同練習に参加できている。大幅な戦力アップとなる。ただ、ルヴァンカップ決勝に実践なしで出場できるかはわからない。やはり、チームの主力メンバが抜けている状況で思うように川崎フロンターレのサッカーができなかった時には難しい展開になるだろう。

セレッソ大阪は川崎フロンターレには負け越しており、埼玉スタジアム2002(埼玉スタジアム戦はほぼ浦和レッズとの対戦)での相性が悪い。主力メンバを欠いていたJリーグ後半戦は調子を崩していたが、清武が復帰し、試合に出場し始めると、5試合連続(Jリーグ/天皇杯/ルヴァンカップ)勝利を収めている。9月30日に川崎フロンターレに大敗(1-5)したあとから負けなしだ。前回対戦の悔しさも含め、今回はチームのメンタリティも良いと思う。

勝敗はどうなろうとも、良い試合をして欲しい(退場者/負傷者がなるべく出ないように・・・)。また、ルヴァンカップは若手の大会(21歳以下の選手を1名以上先発に含める ※決勝は除く)であるため、決勝は若手制約がないが、両チーム若手を起用してもらいたい。川崎フロンターレでは三好康児(20歳)、板倉滉(20歳)の若手がいる。特に三好康児は独特なドリブルのリズムと、縦と切り込みの両方できるドリブラーであり、ゴールも取れる良い選手だ。決勝でゴールを取れればベストヤングプレイヤーに近づくであろう。セレッソ大阪では斧澤隼輝(19歳)の若手がおり、セレッソ大阪の下部組織出身の選手で運動量が豊富な選手だ。