ぼっちんのJリーグ&海外サッカー分析

Jリーグを分析して、totoを予想する。たまに良い選手がいたら紹介させて。

他のtoto予想ブログ

にほんブログ村 サッカーブログ BIG・totoへ 

Jリーグ開幕戦と移籍情報の分析&プレビュー

 

     
サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸   0  
FC東京 vs 浦和レッズ     2
湘南ベルマーレ vs V・ファーレン長崎 1    
ガンバ大阪 vs 名古屋グランパス   0  
サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌     2
ベガルタ仙台 vs 柏レイソル     2
清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ     2
ジュビロ磐田 vs 川崎フロンターレ     2
セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス 1    

 

サガン鳥栖 vs ヴィッセル神戸

f:id:bochin:20180112233144p:plain

 サガン鳥栖は今までチームを引っ張ってきた豊田陽平が移籍するが、ここまでの移籍市場は特に可もなく不可もなくといったところだろう。まだ、移籍がありそう。。。

 ヴィッセル神戸はレギュラークラスの放出は大森太郎、岩波拓也である。ただ、重慶力帆FC(中国)からMFチョン ウヨン、浦和レッズから那須大亮、ベガルタ仙台から三田啓貴、アビスパ福岡からウェリントンが加入(期限付き含む)と層が厚くなった印象だ。


FC東京 vs 浦和レッズ

f:id:bochin:20180112233154p:plain

 FC東京は昨年填らなかった大久保嘉人を放出する。逆にヴィッセル神戸から大森太郎、柏レイソルからディエゴオリヴェイラが加入(期限付き含む)する。今年は昨年に引き続き、如何に良い選手たちを連携させるかが課題となるが、経験豊富で厳しい長谷川健太監督のもとなので期待ができる。

 浦和レッズは、今年は結構な血の入れ替えをした。レギュラークラスでの放出は駒井善成、高木俊幸、那須大亮、梅崎司である。逆に加入は横浜Fマリノスからマルティノス、柏レイソルから武富孝介、ベルマーレ平塚から山田直輝が加入(レンタル復帰等含む)する。主軸を残しつつ、面白い補強と思える。浦和レッズも今年期待したい。個人的にも山田直輝には頑張ってもらいたい。


湘南ベルマーレ vs V・ファーレン長崎

f:id:bochin:20180112233209p:plain

 湘南ベルマーレは、レギュラークラスの移籍は山田直輝がレンタルバック、ムルジャが契約満了する。逆に、浦和レッズから梅崎司、パルチザン・ベオグラード(セルビア)からアレン ステバノヴィッチ(FW、能力はわからない。。。)が加入する。戦力は特に変わってない印象だが、チョウ貴裁監督は7年目と熟成されているチームとなる。

 V・ファーレン長崎は有名選手の移籍としては、アビスパ福岡から中村北斗、アルビレックス新潟から鈴木武蔵といった選手が加入している。今年の目標は残留だろう。


ガンバ大阪 vs 名古屋グランパス

f:id:bochin:20180112233221p:plain

 ガンバ大阪は、井手口が移籍する。その穴を埋めるために浦和レッズから矢島慎也が加入する。ただ、昨年からチームが補強された印象はない。さらに遠藤保仁も昨年はパフォーマンスを落としていた。期待できるのは若い初瀬、矢島がどのくらい成長し、チームを引っ張れるかだと思う。また、アデミウソンが多くの試合に出られれば昨年よりはチーム順位を上げれるのではないかと思う。

 名古屋グランパスは昨年主力であった田口泰士、シモビッチを放出する。逆に元ブラジル代表のジョーが加入する。このジョーがどこまでやれるのかが名古屋グランパスの今年の順位に響いてくるであろう。


サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌

f:id:bochin:20180112233341p:plain

 サンフレッチェ広島は、レギュラークラスの放出は茶島、ミキッチである。逆にジュビロ磐田から川辺駿、ムアントン・ユナイテッドFCからティーラシンを獲得し、戦力アップをしている。昨年、丹羽とパトリックが移籍してきてからサッカーの内容と結果が調子良かったので、今年は期待ができる。

 コンサドーレ札幌は特に主軸の放出はない。逆に、浦和レッズから駒井、サンフレッチェ広島から宮吉、川崎フロンターレから三好とかなり良い補強ができたのではないかと思う。昨年の後半のような戦いができれば上位も狙えるチームであろう。


ベガルタ仙台 vs 柏レイソル

f:id:bochin:20180112233354p:plain

 ベガルタ仙台は、三田啓貴、クリスランを放出する。わからないが、今回の加入情報ではジャーメイン良が若手で期待できるのではないかと思う。戦力は昨年より劣ってしまったような印象である。

 柏レイソルは、レギュラークラスでディエゴオリベイラと竹富を放出したが、大宮アルティージャから江坂任、瀬川祐輔、アビスパ福岡から亀川諒史、アルビレックス新潟から山崎亮平、横浜Fマリノスからパクジョンスを獲得し、戦力アップした印象だ。ACLと並行して戦わなければならないので厳しいが良いチームだと思う。


清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ

f:id:bochin:20180112233411p:plain

 清水エスパルスは、主軸の放出は特にない。逆に、鹿島アントラーズからファンソッコ、犬飼智也、ベガルタ仙台からクリスラン(まだ濃厚)を獲得し、着実な戦力アップを図っている。

 鹿島アントラーズは、主軸の放出は特にない。加入においても内田篤人の復帰ぐらいで、戦力維持といったところであろう。


ジュビロ磐田 vs 川崎フロンターレ

f:id:bochin:20180112233426p:plain

 ジュビロ磐田は、主軸の放出は川辺駿がレンタルバックする。逆に、名古屋グランパスから田口泰士、パイサンドゥからギレルメ、筑波大学から中野誠也が加入する。田口泰士が填れば戦力アップと言えるだろう。

 川崎フロンターレは、レギュラークラスの放出は三好のレンタル移籍である。逆に、横浜Fマリノスから斎藤学、FC東京から大久保嘉人のビッグネームを獲得し、ガンバ大阪から赤崎秀平、ベガルタ仙台から中野嘉大を獲得し、確実な戦力アップをした。

開幕戦には斎藤学は間に合わないだろうが、良い勝負となるだろう。


セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス

f:id:bochin:20180112233437p:plain

  セレッソ大阪は、主軸の放出情報はとくにない。浦和レッズから高木俊幸、バンコク・グラスFCからチャウワット ヴィラチャードを獲得し、戦力維持といったところであろう。

 横浜Fマリノスは、主軸の移籍情報は斎藤学、マルティノス、パクジョンスが移籍する。逆に、柏レイソルから大津佑樹が加入する。確実な戦力ダウンとなっている。昨年は中村俊輔が移籍する中で、バブンスキー、ウーゴヴィエイラを獲得し、堅守速攻でリーグ戦は上位、天皇杯は決勝まで進出している。今年も厳しくなるが、中澤中心に守り抜けるかがポイントとなるだろう。

 

海外サッカーの分析もやってます。
http://footballpremierleagueanalysis.blogspot.jp

  

第981回toto予想&分析プレビュー 海外サッカーのtotoも予想してみる

 

      Win Dra Los
アイントラハト・フランクフルト VS SCフライブルク  1    
ハノーファー96 VS FSVマインツ05    0  
ヴェルダー・ブレーメン VS ホッフェンハイム      2
VfBシュツットガルト VS ヘルタBSC      2
RBライプツィヒ VS シャルケ04      2
FCアウグスブルク VS ハンブルガーSV    0  
チェルシー VS レスター・シティ  1    
ワトフォード VS サウザンプトン    0  
トテナム・ホットスパー VS エヴァートン  1    
クリスタル・パレス VS バーンリーFC      2
ニューカッスル・ユナイテッド VS スウォンジー・シティ    0  
ハダーズフィールド・タウン VS ウェストハム・ユナイテッド      2
ウェストブロムウィッチアルビオ VS ブライトンアンドホーヴアルビオ    0  

 

アイントラハト・フランクフルト VS SCフライブルク

f:id:bochin:20180104151640p:plain


ハノーファー96 VS FSVマインツ05

f:id:bochin:20180104151708p:plain


ヴェルダー・ブレーメン VS ホッフェンハイム

f:id:bochin:20180104151824p:plain


VfBシュツットガルト VS ヘルタBSC

f:id:bochin:20180104151849p:plain


RBライプツィヒ VS シャルケ04

f:id:bochin:20180104153153p:plain


FCアウグスブルク VS ハンブルガーSV

f:id:bochin:20180104152048p:plain


チェルシー VS レスター・シティ

f:id:bochin:20180104152254p:plain


ワトフォード VS サウザンプトン 

f:id:bochin:20180104152327p:plain


トテナム・ホットスパー VS エヴァートン

f:id:bochin:20180104152450p:plain


クリスタル・パレス VS バーンリーFC

f:id:bochin:20180104152532p:plain


ニューカッスル・ユナイテッド VS スウォンジー・シティ

f:id:bochin:20180104152604p:plain

 


ハダーズフィールド・タウン VS ウェストハム・ユナイテッド

f:id:bochin:20180104152733p:plain


ウェストブロムウィッチアルビオ VS ブライトンアンドホーヴアルビオ

f:id:bochin:20180104152713p:plain

プレミアリーグの分析もやってます。
http://footballpremierleagueanalysis.blogspot.jp

  

天皇杯決勝 セレッソ大阪 VS 横浜Fマリノス 試合分析と予想

 

■天皇杯決勝

セレッソ大阪 VS 横浜Fマリノス

 

■試合会場

埼玉スタジアム2002

 

■日程

2018年1月1日14時40分〜

 

■試合分析

f:id:bochin:20171229190412p:plain

 

今シーズンのJリーグで3位(セレッソ大阪)VS5位(横浜Fマリノス)の戦いだ。

この決勝は天皇杯優勝だけでなく、両チームのACL出場権も決まる試合となる。ACLの出場権は、リーグ1位/2位(川崎フロンターレ/鹿島アントラーズ)、天皇杯優勝チームの3チームと、ACLのプレイオフにリーグ3位のチームが参加できる。つまり、この試合でセレッソ大阪が勝った場合は、川崎フロンターレ/鹿島アントラーズ/セレッソ大阪がACL出場、柏レイソルがACLプレイオフ進出となる。横浜マリノスが勝った場合は、川崎フロンターレ/鹿島アントラーズ/横浜FマリノスがACL出場、セレッソ大阪がACLプレイオフ進出となる。横浜FマリノスはACLの出場権を絶対に取りたいところであるが、セレッソ大阪もプレイオフ(2018/1/30)になれば過密日程となり選手に負担がかかるため天皇杯優勝してACLグループステージに望みたいところであろう。兎にも角にも、両チーム天皇杯を絶対にものにしたい。

 

過去の対戦成績を見ると横浜Fマリノスの方が勝率は良いが、ここ7試合はセレッソ大阪は横浜Fマリノスに負けがなく相性が良いと言えるだろう。

埼玉スタジアウムでの勝率は横浜Fマリノスの方が上である(埼玉スタジアムではほぼ対浦和レッズ)が、ルヴァンカップ決勝で川崎フロンターレ下し優勝したセレッソ大阪は今シーズンは埼玉スタジアムに良い印象を持っているであろう。

今シーズンのJリーグの成績を見ると、得点数/失点数が少ない堅い横浜Fマリノスと得点数が川崎フロンターレに次ぐ2位のセレッソ大阪であり、天皇杯の準決勝も両チームともそのデータが物語っている試合内容であった。横浜Fマリノスの準決勝は柏レイソルで前半は柏ペースで横浜Fマリノスは防戦一方であったが、1失点で抑えたことにより柏レイソルが攻め疲れ1点をもぎ取り、延長まで持ち込んだ末、勝利した。セレッソ大阪はヴィッセル神戸相手に攻めてはいたものの得点が奪えず90分に失点するが、すぐに点を取り返し、延長戦で2得点し勝利した。

天皇杯決勝戦も同じような試合展開が予想される。守る横浜Fマリノスに対して、攻めるセレッソ大阪。この試合の鍵となるのは、如何に早く先制点・追加点をセレッソ大阪は取るかだ。柏レイソルとセレッソ大阪はゲーム展開が似ている。柏レイソルは1点しか取れず、後半は疲労で攻撃ができなくなった。セレッソ大阪も同じ展開にならないように先制点・追加点が大事になるだろう。一方で横浜Fマリノスは0-0の時間を如何に長くして、後半のオープンな展開の時に点を取って勝利することが鍵となりそうだ。

 

どちらにしても、今シーズン期待されていなかった両チーム、蓋を開けてみたら3位と5位で調子が良かったと言えるだろう。元旦の決勝は良い試合になるのは間違いない。 

 

プレミアリーグの分析もやってます。
http://footballpremierleagueanalysis.blogspot.jp

  

21節プレミアリーグ分析&予想 参考までに・・・

 

      Win Dra Los
Chelsea VS Stoke City 1    
Newcastle VS Brighton & Hove Albion   0  
Huddersfield VS Burnley   0  
Bournemouth VS Everton     2
Liverpool VS Leicester 1    
Watford VS Swansea 1    
Manchester United VS Southampton 1    
Crystal Palace VS Manchester City     2
West Ham VS Arsenal     2

 

Chelsea VS Stoke City

f:id:bochin:20171229134142p:plain


Newcastle VS Brighton & Hove Albion

f:id:bochin:20171229134206p:plain

 

Huddersfield VS Burnley

f:id:bochin:20171229134233p:plain

 

Bournemouth VS Everton

f:id:bochin:20171229134257p:plain

 

Liverpool VS Leicester

f:id:bochin:20171229134316p:plain

 

Watford VS Swansea

f:id:bochin:20171229134340p:plain

 

Manchester United VS Southampton

f:id:bochin:20171229134401p:plain

 

Crystal Palace VS Manchester City

f:id:bochin:20171229134418p:plain

 

West Ham VS Arsenal

f:id:bochin:20171229134442p:plain

 

プレミアリーグの分析もやってます。
http://footballpremierleagueanalysis.blogspot.jp
  

第980回toto予想&分析プレビュー 海外サッカーのtotoも予想してみる

 

     
トテナム・ホットスパー VS サウザンプトン   0  
チェルシー VS ブライトンアンドホーヴアルビオ 1    
ワトフォード VS レスター・シティ     2
マンチェスター・ユナイテッド VS バーンリーFC 1    
ウェストブロムウィッチアルビオ VS エヴァートン   0  

 

Tottenham VS Southampton

f:id:bochin:20171224221804p:plain

 

Chelsea VS Brighton & Hove Albion

f:id:bochin:20171224221828p:plain

 

Watford VS Leicester

f:id:bochin:20171224221850p:plain

 

Manchester United VS Burnley

f:id:bochin:20171224221914p:plain

 

West Ham VS Everton

f:id:bochin:20171224221943p:plain

 プレミアリーグの分析もやってます。
http://footballpremierleagueanalysis.blogspot.jp

 

  

第979回toto予想&分析プレビュー 海外サッカーのtotoも予想してみる

 

      Win Dra Los
Everton VS Chelsea      2
Manchester City  VS Bournemouth  1    
Southampton VS Huddersfield  1    
Burnley VS Tottenham      1
Leicester VS Manchester United      2

 

Everton VS Chelsea

f:id:bochin:20171217122623p:plain


Manchester City VS Bournemouth

f:id:bochin:20171217122638p:plain

 

Southampton VS Huddersfield

f:id:bochin:20171217122649p:plain

 

Burnley VS Tottenham

f:id:bochin:20171217122659p:plain

 

Leicester VS Manchester United

f:id:bochin:20171217122708p:plain

プレミアリーグの分析もやってます。
http://footballpremierleagueanalysis.blogspot.jp

 

  

天皇杯準決勝 データ分析

 

天皇杯準決勝

・横浜Fマリノス VS 柏レイソル (等々力競技場)

 12/23 土曜日 13:00~

・ヴィッセル神戸 VS セレッソ大阪 (ヤンマースタジアム) 

 12/23 土曜日 15:05~

 

横浜Fマリノス VS 柏レイソル

f:id:bochin:20171217112411p:plain

両チーム、今シーズン中盤に調子がよく、終盤に勝ちきれなくなってきた2チームの大戦となる。ただ、最終戦にしっかりと勝ち切り順位は上位で終えている。今シーズンの順位、対戦戦績を見ると互角の戦いになるであろう。ただ、横浜Fマリノスは斎藤学が欠場となる。斎藤学が怪我をしてからチームの勝敗が不安定となっている。また、監督交代が決まっている横浜Fマリノス。監督交代が決まっているチームで勝ちきるのはなかなか難しいと思う。

 

ヴィッセル神戸 VS セレッソ大阪

f:id:bochin:20171217113031p:plain

Jリーグの順位では異なる両チームの戦いだ。ヴィッセル神戸はポドルスキ加入で期待されたが、あまり成果が出ていない。一方、セレッソ大阪は清武復帰で順位は3位とACL出場権を獲得してリーグを終えた。清武の存在は大きい。怪我で離脱している間はチームの勝敗が不安定だったが、復活してから5連勝だ。清武が怪我なくシーズン通して試合に出場していれば、優勝の可能性もあったと思う。そのチームに対してヴィッセル神戸は勝つのはなかなか厳しいと考える。

 

プレミアリーグの分析もやってます。
http://footballpremierleagueanalysis.blogspot.jp